在留資格認定証明書の有効期間について(2021.7.5更新)

出入国在留管理庁のホームページにて次の情報が更新されました。(2021.7.5更新)


1.在留資格認定証明書の有効期間について(対象は全ての在留資格と国・地域で、2020年1月1日以降に作成されたもの)
 ⇒①2020年1月1日~2021年7月31日に作成された在留資格認定証明書は、2022年1月31日まで有効とみなされます。 
②2021年8月1日~2022年1月31日に作成された在留資格認定証明書は、作成日から6か月間まで有効とみなされます。
 ※在外公館での査証発給時に申立書が必要になります。
2.在留資格認定証明書の有効期限が経過した方の在留資格認定証明書交付申請(2022年7月31日以降で有効期間が経過した方)※1.に当てはまらない方
 ⇒申請書と理由書と交付済の在留資格認定証明書(原本又は写し)で、在留資格認定証明書交付申請ができます。

ホームページ: http://www.moj.go.jp/isa/nyuukokukanri01_00155_1.html